ダイエットについてのABC!TOP > ダイエット > 下半身を鍛えましょう!

下半身のエクササイズでダイエット効果アップ!

 
若い頃は体力に自信があり「疲れを知らない!」というような方でも年を重ねるごとに徐々に老化現象を感じ始めます。

例えば、「最近、太って体型が変わってきた・・・」「なんか疲れやすくなった・・・」「肩こりや腰痛が起こるようになった・・・」など。

このような症状が起こるのは、老化の影響で筋肉量が低下したことが原因と考えられます。

学生時代には、いろいろなスポーツを熟して筋肉がガッチリと付いた体型でも、その後、これといった運動を何もしないで年を重ねていくと、30歳後半くらいから徐々に衰えを感じ始め、40歳代になった頃は、かなり衰えが目立つようになります。

そして、さらに衰えが進み、70歳を過ぎた頃は、なんと、40歳代の頃の筋肉量に比べて約30%も減少しているそうで、特に下半身の筋肉は顕著にあらわれます。

既に、40〜50歳代で膝の痛みや腰痛の悩みがあり、階段も満足に登れない、という方は、70歳になった頃には自分ひとりでは自由に歩けない、というような体にまで衰えることになってしまいます。

そんな悲しい老後にならないように、また、いつまでも元気で楽しく自由に歩きまわれるように、今から下半身の筋肉を鍛えるエクササイズを始めましょう!


下半身を鍛えればダイエットやアンチエイジングにも効果的!



人の体にある筋肉は、全身の中でも下半身に大きな筋肉が集中しています。

ですので、下半身の筋肉を鍛えれば、それだけ多くのエネルギーを消費して、基礎代謝量も高めることができて効果も大きいということです。

さらに、下半身の筋肉は、心臓から足の先へ送り出された血液を、心臓まで送り戻すという重要な働きを持ち、第二の心臓と呼ばれているほどです。

また、「脚が疲れる・・・」「脚がむくむ・・・」というお悩みの方には改善が期待できます。

そして、エクササイズで筋肉を動かすことで、若さを保つ成長ホルモンが多く分泌されるようになります。

この成長ホルモンは、10歳代の成長期に筋肉や骨、各器官などを発育させるために脳の下垂体というところから分泌されるもので、成人になると、肌や髪を若く保ってアンチエイジングの効果を促し、さらに、脂肪分解してダイエット効果や体の機能低下を抑えて健康維持したりする働きがあります。

しかし、成長ホルモンは年齢とともに分泌量が減少して40歳の頃には20歳の頃の半分くらいまでになるそうです。

その成長ホルモンの減少分をエクササイズで補いましょう!

それじゃ、さっそくフィットネスクラブに通って・・・と思われるかもしれませんが、そこまで、高価な会費を払ってフィットネスクラブに入会しなくても、自宅で行える簡単なエクササイズはたくさんあります。

ペットボトルを使ったエクササイズや安全なスロートレーニングなど、ネットで調べれば、いろいろ紹介しているサイトがあるはずです。

また、テレビコマーシャルでお馴染みのエクササイズマシンのレッグマジックサークルなどもオススメです。


筋肉を何も使わない生活、あるいは、何も運動をしない生活を続けていると、筋肉はどんどん衰えて減少していきます。

特に女性の場合は、その衰えは顕著にあらわれます。

しかし、筋肉を鍛え始めれば、確実に筋肉は成長して、その効果はあらわれます。

100歳になっても、鍛えれば筋肉は成長します。

まずは、下半身のエクササイズから始めましょう!













 

ダイエット記事一覧

基礎代謝

余分な体脂肪を燃焼するために、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を毎日、一生懸命に実践している方は大勢いらっしゃいます。確かに、有酸素運動は体脂肪を燃焼してくれますが...

痩せやすい体をつくる

最も効率がよく健康的で確実に痩せるには、基礎代謝量を高めて痩せやすい体をつくることです。30歳代後半から40歳代になり「若い頃と変わらない食事量なのに、太ってきた・・・」と...

筋肉量アップする運動

早朝に、よく街の中をウォーキングやジョギングしている方を見かけますが、それだけウォーキングやジョギングはダイエットの運動として最も人気がありポピュラーになっています。そんな...

有酸素運動で効率を高める!

ダイエット運動として、器具や特別な施設などが必要なく、ウォーキンやジョギングを気軽に外で行えるということで人気なのが有酸素運動です。フィットネスクラブに行けば、エアロバイク...

食事制限だけのダイエットは危険!

現在は、さまざまなダイエット法が紹介されていますが、どうしても手っとり早いということで安易に食事量を減らす食事制限によるダイエットを行う方が少なくありません。また、ダイエッ...

バランスよく栄養を摂らなければ痩せられない!

太ることを気にして、ごはんやパンなどの炭水化物を摂らないようにしている方は少なくありません。しかし、炭水化物は糖質として体に絶対に欠かせないもので、極端に炭水化物を控えてし...

痩せる食べ方を試してみる!

痩せるためには、栄養バランスを考えて1日3食の規則正しい食生活を送ることが最も大切ですが、さらに、食べ方をちょっと変えたり工夫するだけで、かなり効果が上がります。よく噛...

下半身を鍛えましょう!

若い頃は体力に自信があり「疲れを知らない!」というような方でも年を重ねるごとに徐々に老化現象を感じ始めます。例えば、「最近、太って体型が変わってきた・・・」「なんか疲れやす...

危険なメタボリックシンドロームを改善!

人の体にある筋肉は、一般的な30歳代の男性で体重の約40〜45%、女性で約35〜40%を占めています。だいたい筋肉量のピークは、25歳〜30歳くらいまでですが、その後、これ...