ダイエットについてのABC!TOP > ダイエット > 痩せる食べ方を試してみる!

いろいろ工夫して食べてみましょう!

 
痩せるためには、栄養バランスを考えて1日3食の規則正しい食生活を送ることが最も大切ですが、さらに、食べ方をちょっと変えたり工夫するだけで、かなり効果が上がります。


よく噛んで時間をかけて食べる



今までに「よく噛んで食べる・・・」と、よくいわれたことがあるのではないでしょうか?

人の体は、食事を始めて20分くらい経つと、脳の満腹中枢が働き、満腹感を得るようになり、余計なものを食べずに済むようになります。

ですので、ひと口30回以上噛んで時間をゆっくりとかけて食べるようにし、また、食事中に、何回か箸を置いて時間待ちしてみましょう!

それに、よく噛んで食べることで、食物と唾液が口の中でよく混ぜ合わされ、消化、吸収がよくなります。


食べる順番を考える



お腹が空いていると、つい、ごはんに食いつきたくなりますが、ごはんやパンなどの主食を中心に食べると、糖質をたくさん摂ってしまいがちです。

一般的な献立は、ごはんやパンなどの主食、肉や魚がメインの主菜、野菜や海草などの副菜、汁物というバランスになると思いますが、最初は野菜や汁物から食べて、その後、主食や主菜を食べるというように、ひと口づつ、違うものを食べるようにしましょう。

野菜や汁物は食物繊維が多いので満腹感を得やすく、肥満の原因になる糖質の摂り過ぎを防ぐことができます。


野菜を多めに食べる



野菜は歯ごたえがあり、満腹感を得やすい低カロリーな食材です。

まずは、栄養バランスが大切ですが、積極的に多く野菜を食べれば、摂取カロリーを抑えることができます。

前日、食べ過ぎたというときは、野菜を多めに食べてカロリー調整しましょう!




部屋にスナック菓子などを置かない!



部屋でテレビなどを観てくつろいでいるところに、スナック菓子が視界に入ると、つい、手を出してしまいます。

そんな食べたい欲求を我慢すると、ストレスが溜まり、逆に、スナック菓子の食べ過ぎを招いてしまう危険があります。

部屋やリビング、それに仕事場にもスナック菓子のようなものは置かないようにしましょう。

それでも、どうしても食べたいという方は、月に1回などと、食べる量と日を決めて、今まで我慢してきたご褒美として食べるようにしましょう。


その他、食事は「満腹」の一歩手前の「腹八分目」でやめたり、テレビを観ながらや本を読みながらの「ながら食事」は、食べ過ぎの原因になるので絶対しない、清涼飲料水を飲むときは、必ずノンカロリーを選ぶ、空腹のときは買い物に行かない・・・など、いろいろ工夫次第でダイエット効果が上がりますので、試して下さい。














 

ダイエット記事一覧

基礎代謝

余分な体脂肪を燃焼するために、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を毎日、一生懸命に実践している方は大勢いらっしゃいます。確かに、有酸素運動は体脂肪を燃焼してくれますが...

痩せやすい体をつくる

最も効率がよく健康的で確実に痩せるには、基礎代謝量を高めて痩せやすい体をつくることです。30歳代後半から40歳代になり「若い頃と変わらない食事量なのに、太ってきた・・・」と...

筋肉量アップする運動

早朝に、よく街の中をウォーキングやジョギングしている方を見かけますが、それだけウォーキングやジョギングはダイエットの運動として最も人気がありポピュラーになっています。そんな...

有酸素運動で効率を高める!

ダイエット運動として、器具や特別な施設などが必要なく、ウォーキンやジョギングを気軽に外で行えるということで人気なのが有酸素運動です。フィットネスクラブに行けば、エアロバイク...

食事制限だけのダイエットは危険!

現在は、さまざまなダイエット法が紹介されていますが、どうしても手っとり早いということで安易に食事量を減らす食事制限によるダイエットを行う方が少なくありません。また、ダイエッ...

バランスよく栄養を摂らなければ痩せられない!

太ることを気にして、ごはんやパンなどの炭水化物を摂らないようにしている方は少なくありません。しかし、炭水化物は糖質として体に絶対に欠かせないもので、極端に炭水化物を控えてし...

痩せる食べ方を試してみる!

痩せるためには、栄養バランスを考えて1日3食の規則正しい食生活を送ることが最も大切ですが、さらに、食べ方をちょっと変えたり工夫するだけで、かなり効果が上がります。よく噛...

下半身を鍛えましょう!

若い頃は体力に自信があり「疲れを知らない!」というような方でも年を重ねるごとに徐々に老化現象を感じ始めます。例えば、「最近、太って体型が変わってきた・・・」「なんか疲れやす...

危険なメタボリックシンドロームを改善!

人の体にある筋肉は、一般的な30歳代の男性で体重の約40〜45%、女性で約35〜40%を占めています。だいたい筋肉量のピークは、25歳〜30歳くらいまでですが、その後、これ...