ダイエットについてのABC!TOP > ダイエット > 基礎代謝

基礎代謝を高めることが必要!

 
余分な体脂肪を燃焼するために、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を毎日、一生懸命に実践している方は大勢いらっしゃいます。

確かに、有酸素運動は体脂肪を燃焼してくれますが、その量はほんの僅かで長時間の運動の割には効率はよくありません。

例えば、体重60kgの人が、1時間以上かけて一生懸命に汗をかいて軽いジョギングで10km行ったとして、その消費カロリーは600キロカロリーになります。

軽いジョギングの場合の消費カロリーは、だいたい体重(kg)×距離(キロメートル)で計算できます。

1時間、たっぷりと汗をかいて、かなりの疲労感もあり、相当の運動量と思われますが、600キロカロリーです。

600キロカロリーはそれなりの量ですが、おにぎり3つ分くらいでしょうか。

しかし、脂肪に換算すると僅かな量にしかなりません。

脂肪1gを燃焼するのに7キロカロリー必要ですので、約85gの体脂肪燃焼という計算になりますが、600キロカロリー全てが脂肪燃焼に使われるわけではなく、多くても、その半分のカロリーなので、実際は約42g程度ということになります。

1時間、たっぷりと汗をかいて頑張っても42gしか体脂肪は燃焼できないということです。

それでも、確実に脂肪は燃焼するので、コツコツと毎日続ければ痩せることができますが、それよりも効果的なのは、まず、基礎代謝量を高めることです。

基礎代謝とは、呼吸をしたり、体温を保つための調整をしたり、心臓や内臓を機能させたり、さまざまな細胞の生まれ変わりをスムーズにして髪、肌、爪などを新しく生まれ変わらせたりして、人が生命を維持していくために最低限必要なエネルギーのことで、寝ているときや何もしないで、じっとしているときも常に消費されています。

また、普通の社会生活をしている人なら、1日の総消費カロリーの約60〜70%を占めています。

1日の総消費エネルギーが2000キロカロリーの人なら、約1200〜1400キロカロリーを基礎代謝が占めているということになります。

ですので、まず、この基礎代謝量を高めることができれば、長時間を費やす有酸素運動をしなくても1日の総消費エネルギーがアップして効率よく痩せることができます。

現在、最も効率的とされ、一般的なダイエット法の基本は、この基礎代謝量を高めることです。
 

ダイエット記事一覧

基礎代謝

余分な体脂肪を燃焼するために、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を毎日、一生懸命に実践している方は大勢いらっしゃいます。確かに、有酸素運動は体脂肪を燃焼してくれますが...

痩せやすい体をつくる

最も効率がよく健康的で確実に痩せるには、基礎代謝量を高めて痩せやすい体をつくることです。30歳代後半から40歳代になり「若い頃と変わらない食事量なのに、太ってきた・・・」と...

筋肉量アップする運動

早朝に、よく街の中をウォーキングやジョギングしている方を見かけますが、それだけウォーキングやジョギングはダイエットの運動として最も人気がありポピュラーになっています。そんな...

有酸素運動で効率を高める!

ダイエット運動として、器具や特別な施設などが必要なく、ウォーキンやジョギングを気軽に外で行えるということで人気なのが有酸素運動です。フィットネスクラブに行けば、エアロバイク...

食事制限だけのダイエットは危険!

現在は、さまざまなダイエット法が紹介されていますが、どうしても手っとり早いということで安易に食事量を減らす食事制限によるダイエットを行う方が少なくありません。また、ダイエッ...

バランスよく栄養を摂らなければ痩せられない!

太ることを気にして、ごはんやパンなどの炭水化物を摂らないようにしている方は少なくありません。しかし、炭水化物は糖質として体に絶対に欠かせないもので、極端に炭水化物を控えてし...

痩せる食べ方を試してみる!

痩せるためには、栄養バランスを考えて1日3食の規則正しい食生活を送ることが最も大切ですが、さらに、食べ方をちょっと変えたり工夫するだけで、かなり効果が上がります。よく噛...

下半身を鍛えましょう!

若い頃は体力に自信があり「疲れを知らない!」というような方でも年を重ねるごとに徐々に老化現象を感じ始めます。例えば、「最近、太って体型が変わってきた・・・」「なんか疲れやす...

危険なメタボリックシンドロームを改善!

人の体にある筋肉は、一般的な30歳代の男性で体重の約40〜45%、女性で約35〜40%を占めています。だいたい筋肉量のピークは、25歳〜30歳くらいまでですが、その後、これ...